「統合型GISが行政を変える-地理空間情報
活用推進基本法の時代の実務-」大場亨著

本書の特徴

 行政各部署、都道府県と市区町村、官民の異機種間で空間データ(様々な台帳地図、案内図など)を交換し、無駄を省く統合型GIS(地理情報システム)。 その技術、連携づくり、仕様書作成,品質検査、著作権問題、個人情報保護、費用効果算定まで、細心の解説をしています。
 地理空間情報活用推進基本法に対応しています。土木,建築,安全安心,税,環境,都市計画,福祉など行政全般にわたるGIS導入の実務書としてお役立て下さい。

定価、発行者、コード

定価 3,675円(本体3,500円、消費税175円)

発行者 株式会社古今書院
    〒101-0062東京都千代田区神田駿河台2-10
    Tel 03-3291-2757

コード ISBN978-4-7722-5221-8 C3036

注文方法

次のいずれかの方法でご注文ください。
(1) 電子メール、FAXによるご注文(送料無料)
(2) 書店に注文して取り寄せる方法

詳しくは株式会社古今書院のホームページをご覧ください。
http://www.kokon.co.jp/

制度改正があったときには、ホームページでお知らせします
本書で解説した事項について、法令や制度の改正があった場合には、ホームページにてお知らせいたします。実務において本書の内容をご参考になさる際には、本書とともに下記の「出版後の制度改正」のページも参照してください。